ヴェゼルの欠点、悪いところ

 

ヴェゼルの弱点、欠点を集めてみました。ヴェゼル購入の参考にどうぞ☆

 

 

ヴェゼルの弱点、欠点

 

ヴェゼルの欠点です。

 

・ハイブリッドの発進のワンテンポ遅れとギクシャク感。(ゆっくり発進だとあまり気にならないが)
・直墳・高圧縮のエンジンの為なのか、ゴロゴロしたエンジン音が従来のホンダ車のような爽快感がない
・エアコンのボタンもタッチパネルの為、ぱっと見の見てくれは良いが、運転中の手さぐり操作は出来ない。
・ライバル他車は機械式の立体駐車場に入る高さだが、ヴェゼルの全高は立体駐車場に入らないサイズ
・フロントガラスの角度が今時の車らしく、なだらかな為、前席に乗車時に頭を打つ(笑)
・アクセルをグっと踏んでも、モーターとエンジンの切り替えでなのか?2テンポくらい遅れてからパワーが出るところもストレスが溜まる。やはり、ハイブリッド特有のギクシャク感はある。
・乗り心地を始め、左右の視界悪さ、自動ブレーキの不要な介入など、いろいろ不満が募る
・タコメーターが棒グラフのようなもので表示されるのですが、スポーツHVをうたうのであれば、別にアナログメーターで設けてほしかったところ。回転数が大雑把すぎて分かりにくい
・初期モデルはサスが硬めなので、長距離運転の際、後席の乗り心地があまり良くない
・渋滞時にまれにEV→エンジンの切り替え時にもっさり感を感じる

 

 

以上、ヴェゼルの欠点を集めて見ました。

 

一番評判の悪かった、ヴェゼルの乗り心地ですが、2015年の改良によってリアのダンパーがフロントと同じ物が採用され、硬かった乗り心地が少しマイルドに改善されました。

 

ハイブリッド特有の発進時や、アクセルを踏んだり踏まなかったりのパーシャル域でのギクシャク感はあるようです。これがガソリン車のように違和感なく走れるように、ハイブリッドシステムが進化して行くといいですね。

 

内装では、エアコンのタッチパネルが見た目はスッキリしていて良いですが、目で追いながら操作しなければならにので、走行中の操作には注意が必要です。

 

従来のでこぼこのスイッチの方が手元を見ないで操作できるので、使い易いでしょう。

 

運転席に座って見ると、アイポイントが高いので見晴らしが良いですが、Aピラーに視界を遮られ見にくいと言った評価も聞こえます。

 

左右後方の視界の狭さも気になる所ですが、デザインによる所もあるので、あのクーペデザインを実現するには、妥協せざるをえない部分かもしれません。

 

ただ、安全面にかかわるので、ヴェゼルを購入検討しているなら、是非ディーラーに行って自分で実車を確かめてみましょう。

 

 

ヴェゼルを安く買うなら下取り車で総額を下げよう

 

ヴェゼルを買うなら、気になるのはその購入金額ではないでしょうか。出来るだけ安く買いたいですよね。

 

もし下取り車があれば、簡単な方法でヴェゼルの総支払額を下げる事ができます。

 

下取り金額の価格帯によっては、ヴェゼルの値引き金額以上に支払額を下げる事ができるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

低く見積もられている??ディーラーの下取り金額

 

ヴェゼルの新車を買う時に、下取り車があれば多くの人はディーラーで査定してもらう事でしょう。

 

ここで気を付けたいのは、ディーラーは下取り金額を低く見積もっている事です。

 

なぜディーラーの下取り金額が低い原因は、ディーラーは既定の査定ブックに載っているベースの金額から、車両の状態を加減点方式で査定して、金額を出します。

 

この業界の査定ブックは、リアルタイムの中古車市場の相場を反映していません。

 

なので、人気の車種や需要のある車種、輸出相場で現在高い相場の車種、アフターパーツでドレスアップしている車、などは正しく評価されません。

 

また、あえて低く見積もることで下取り金額の余裕を作り、「下取り額をアップするので契約してください」と新車契約のためのセールストークに使うことが出来ます。

 

 

ディーラーの下取り金額はアップ出来る

 

低く見積もられているディーラーの下取り金額を通常の相場までアップさせる事が出来ます。管理人の実体験で紹介しましょう。

 

以前、フィットシャトルを買い替えるため、ディーラーで査定してもらいました。

 

その時の下取り金額は76万円でした。

 

ディーラーの査定額は低く見積もられている可能性があるので、ディーラー以外に買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトで申し込むと、画面上に自分の車の買取相場が表示されます。

 

 

査定

 

そこで出た買取相場は、ディーラーより20万円も高い96万円でした。

 

やっぱり低く見積もられている??と思い、その後の商談で「買取店の相場は96万円です」と伝えると、色々店長の許可を取ったのか「上の許可が出たので買取店と同じ96万円にさせていただきます」と、ディーラーの下取り金額も96万円に値上がりましたした!

 

ここでした事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

 

これで20万円も下取り金額がアップしたので、ディーラーが下取りで余裕を見ているケースでは、非常に有効な方法です。

 

 

買取店の方がディーラーより高い場合も多い

 

下取りの20万円アップに加えて、新車の値引きもまずまずの結果だったので、そのまま契約しました。

 

ただ、査定サイトで申し込んだ買取店の査定があったので、「納車前に買取店に査定してもらうので、買取店の方が高ければ下取りに出さない場合もある」と伝えて了解してもらいました。

 

もちろん、ディーラーの方が高ければ96万円でそのまま下取りに出す条件です。

 

こうしておけば、どちらか高い方にフィットシャトルが売れますし、納車までシャトルに乗り続ける事ができます。

 

そして、納車間際に買取店に査定してもらうと、ビックリの108万が付きました。

 

その時の契約書です。

 

 

 

当初の下取り金額から20万アップの96万円のディーラー査定よりも、さらに12万円高い金額で買取店へ売れました。

 

もし買取店の査定を検討していなければ、当初の76万円そこそこで契約していたかもしれません。ざっと32万円の損失でした。怖いですね・・・

 

この時利用した買取店の査定サイトはかんたん車査定ガイドです。

 

1分程度の入力で申し込み後、画面上に自分の車の買取相場が表示されるので、「早く車の相場が知りたい」「ディーラーの査定金額と比較したい」方にはお勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

 

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

 

そんな時は新古車や未使用車がおススメです。

 

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

 

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

 

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

 

ガリバーのクルマコネクトなら、市場に出回る前の非公開車両を優先して紹介してくれるので、いち早くお得な中古車の情報を取得できます。

 

また、申し込みは電話不要のチャットのみで完結するので、手の空いたスキマ時間を使ってやり取りするだけで、とても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

 

 

ヴェゼルの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのヴェゼル値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴェゼルを限界値引きで購入しています。

 

今月のヴェゼルの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>ヴェゼル値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2014-2018 ホンダ ヴェゼルを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com