ヴェゼルTOPヴェゼル評価>ヴェゼル人気グレードの比較

ヴェゼルの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

ヴェゼルの人気グレード徹底比較!

 

ヴェゼルの人気グレードは、総額いくらで買えるのでしょうか。

 

最安値のグレードに最低限のオプションを付けた際のシミュレーションや、グレード間の装備差、自動ブレーキの有無、実燃費、ヴェゼルのリセールバリューから見るおすすめのグレードなど、内容は盛りだくさんでお届けします。

 

ヴェゼルのグレード選びの参考にどうぞ!

 

 

 

 

ヴェゼルの価格が一番安いグレードは?

 

ヴェゼル G(FF) 1,965,000円

 

ヴェゼルの中で一番安値のグレードは「G」です。

 

一つ上のグレード「X」は車両本体価格 2,095,000円なので、Gとの間に13万円の価格差があります。


このGグレードに最低限のオプションをつけて購入すれば、最も安くヴェゼルを買うことが可能です。

 

では、その最安値とは一体いくらなのかシミュレーションして具体的に見ていきましょう。

 

購入グレード ヴェゼル 1.5 G
車両本体価格 1,965,000円
装着オプション フロアマット
オプション金額
28,771円
諸費用・税金
198,060円
▲130,000円
支払総額
2,061,831円

※車両値引きは最新の金額をご確認ください

 

オプションは、フロアマットのみとしました。

 

ナビなどのその他オプションは何も付けずに、車両からの目標値引きを達成したと仮定した支払総額は約206万円です。

 

 

ヴェゼルGに付かない装備は?

 

一つ上のXと比べると、Gには付いていない装備があります。

 

どのような機能の差があるのか見ていきましょう。

 

 

○ 「ホンダ センシング」の有無

 

1.5 G にはホンダセンシング(自動ブレーキを含む衝突回避システム)が付いていません。


ホンダセンシングとは、自動ブレーキを含むホンダ独自の研究によって開発された予防安全機能のことです。


Gグレードにホンダセンシングを付けると、+110,000となります。

 

 

○ 16インチアルミホイール

 

「1.5 X」

 

 

ヴェゼル1.5Gのスチールホイール
「1.5 G」

 

1.5 G ではスチールホイールですが、一つ上の1.5 X はアルミホイールが装着されています。

 

スチールホイールよりもアルミホイールの方が見た目がスポーティーですよね。


アルミは鉄より軽いので、多少なりとも燃費が良くなるというデータもあります。


基本的にはデザイン重視でアルミホイールを選ばれる方が多いです。

 


○ 本革巻ステアリング

 

ヴェゼル1.5Xの本革巻きステアリングホイール

「1.5 X」

 

 

ヴェゼル1.5Gのウレタンステアリングホイール
「1.5 G」

 

1.5 G ではウレタン素材のステアリングになっています。


ウレタン素材のステアリングは、握った時の感触が安っぽく感じられたり、長年使っていると滑りが出てくるケースもあります。


革巻きのステアリングは感触もよく、握った時のグリップ力があり、正確にステアリング操作が出来ますね。

 

 

ヴェゼルの価格が一番高いグレードは?

 

ヴェゼルハイブリッドRS ホンダセンシング
※ヴェゼル:honda.co.jp

 

ヴェゼルハイブリッドRS ホンダセンシング(FF) 2,810,000円

 

一番安値の1.5Gと比較すると、84.5万円高い設定となっています。

 

ヴェゼルハイブリッドRSホンダセンシングが総額いくらで買えるのか?見積もりシミュレーションしてみましょう。

 

購入グレード ヴェゼルハイブリッド RSホンダセンシング
車両本体価格 2,810,000円
メーカーオプション プラチナホワイトパール
メーカーオプション価格 37,800円
装着オプション 新車PKG(ドアバイザー、フロアマット等)、8インチインターナビ、リアカメラdeあんしんプラス2、ETC2.0、ドライブレコーダー
オプション金額 405,669円
諸費用・税金 166,160円
車両値引き ▲ 130,000円
オプション値引き(20%) ▲ 81,000円
支払総額 3,208,629円

※車両値引きは最新の金額をご確認ください。


バックカメラやステアリングリモコンスイッチなどのナビ装着用スペシャルパッケージは、初めから装備されており、車両本体価格に含まれています。

 

では、最上級グレードにはどんなものが付いているのか見てみましょう。

 

 

○ RS専用ボディロアガーニッシュ

 

ヴェゼルRS専用ボディロアガーニッシュ


RS専用のフロントグリルやサイドガーニッシュが標準装備されており、よりスポーティーな印象を与えています。

 


○ 18インチアルミホイール

 

ヴェゼルハイブリッドRSホンダセンシングの18インチアルミホイール


ヴェゼルで唯一の18インチアルミホイールが採用されています。


ホイールの大きさやデザインで、車の印象がガラリと変わりますね。

 

 

〇パフォーマンスダンパー

 

ヴェゼルハイブリッドRSのパフォーマンスダンパー

 

走行中に発生する車体のたわみや微振動を軽減して穏やかに整える「パフォーマンスダンパー」。

 

RSでは専用に減衰力を調整し、更なる走りの楽しみを味わえる仕様になっています。

 

 

○ ステンレス製スポーツペダル

 

ヴェゼルRSのステンレス製スポーツペダル


RSは、ステンレス製のスポーツペダルを採用しています。


アルミにすることでペダル表面部分の耐久性が増し、表面がすり減ることはありません。


また、アルミは滑りやすい素材ですが、ヴェゼルのアルミペダルには、しっかりと滑り止めのゴムが装着されています。


上記の違いを見ていくと最上級グレードのRSは装備の充実度が高いですね。


実用的な機能の違いというよりも、+αの付加価値が充実しています。

 

見た目の「カッコよさ」や「よりSUVらしいスタイル」を追求したい方はRSが合うかもしれません。

 

 

ヴェゼルで燃費の一番いいグレードは?

 

ヴェゼルの燃費イメージ画像

 

ヴェゼルで一番燃費のいいグレードは 1.5ハイブリッド です。1.5ハイブリッドのカタログ燃費は27km/L です。


しかし、私たちユーザーが気になるのは、実燃費の方ですよね。

 

ヴェゼルハイブリッドの平均実燃費は約19.9km/Lとなっています。


カタログ燃費より少し下がってしまいますが、スポーツ仕様車として悪い方ではありません。


街乗りで約13~15km/L 高速で約17~20km/Lが平均的な実燃費データとなっています。


走り方に気を付けることで燃費を伸ばすことができるので、アクセル操作をラフにしないで丁寧に操作する事を心がけると、よい結果が出るかもしれません。

 

 

ヴェゼルハイブリッドはガソリン満タンで何キロ走る?


ヴェゼルハイブリッドのタンク容量は40Lです。


ガゾリン残量が残り5Lになると警告が点灯します。

 

ガソリンが、残り5Lになるまで走行したと仮定して計算してみると・・・

 

40-5=35L
35×19.9km/L=696.5km

 

平均実燃費を基にするとガソリン満タンで約695km走行可能です。

 

高速では燃費が良くなるため、東京から岡山ぐらいまでは一回の給油で行けることになります。

 

 

ヴェゼルで一番燃費の悪いグレードは?

 

ヴェゼルで燃費の悪いグレードは、ガソリン車のG(4WD)・ Xホンダセンシング(4WD)のカタログ燃費19.6km/Lです。

 

平均実燃費は約14.58km/L程度になります。

 

4WDは2WDに比べて、車全体が重くなって4輪が駆動することで走行抵抗が増えてしまい、燃費が悪くなります。


4WDは雪道や舗装されてない道などの悪路走行において存分に実力を発揮するのですが、燃費の面ではハイブリッド車に比べると劣ってしまいます。

 

 

ヴェゼル G ガソリン車(4WD)は満タンで何キロ走れるの?

 

ガソリン残量が5Lになるまで走行したと仮定して


40-5=35
35×14.45km/L=505.75km

 

ガソリン満タンで約505kmほど走行可能です。

 

一度ガソリンを満タンにすることによって、東京~大阪くらいまでは走行可能ということになりますね。

 

 

自動ブレーキのあるグレードは?

 

ヴェゼルの自動ブレーキイメージ図

 

ヴェゼルには以下のグレードで、自動ブレーキを含むホンダセンシングが標準装備となっています。

 

・RS ホンダセンシング

 

・ハイブリッドZ ホンダセンシング

 

・ハイブリッドRS ホンダセンシング

 

上記の3グレード以外は、ホンダセンシングの有無を選択できます。

 

自動ブレーキは、先行車や障害物をミリ波レーダーで検出し、衝突の可能性が高いと判断した場合、衝突回避を支援してくれるものです。


ホンダ センシングでは、8つの先進機能で安心で快適な走行ができます。

 


○ 衝突軽減ブレーキ

 

車両や歩行者を検知し、衝突の危険がある時は、ブザーと表示で警告してくれます。


また、緊急の時にはブレーキが作動して衝突回避をサポートしてくれるシステムです。

 


○ 歩行者事故低減ステアリング

 

ヴェゼルの予防安全性能(歩行者事故低減ステアリング)

 

走行車線を外れてしまい、歩行者や障害物に衝突の恐れがある場合、ステアリングを制御して衝突回避を支援してくれます。


衝突の危険性がある場合もブザーと表示で警告してくれます。

 

 

○ アダプティブ・クルーズ・コントロール

 

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車との速度と車間距離を検知し、適切な車間距離を保ってくれます。


また、状況に応じてアクセルとブレーキの制御も行い、長距離運転における運転の疲労を軽減してくれます。

 

 

○ 車線維持支援システム

 

車が車線の中央を走行できるようにステアリング操作を支援してくれます。


車線を外れそうになった時は、表示とステアリングの振動で警告してくれます。

 

 

○ 路外逸脱抑制機能

 

車線を逸脱しそうになった時にもステアリング操作で車線内へ戻そうとステアリングを制御します。


また、逸脱が大きいと予測された場合にはブレーキも合わせてかけてくれます。

 

 

○ 誤発進抑制機能

 

ヴェゼルの予防安全機能(誤発進抑制機能)

 

停止時など速度が遅い時、急にアクセルを踏み込んだりした場合に急加速を抑制してくれます。


アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を防止してくれる機能です。

 

 

○ 先行車発信お知らせ機能

 

信号で停止中などで、先行車の発信に気づかす停止している場合にブザーと表示で知らせてくれます。

 

 

○ 標識認識機能

 

ヴェゼルの予防安全性能(標識認識機能)

 

単眼カメラが走行中の道路標識を認識し、ディスプレイ内へ表示することで注意を促し、安全運転を支援してくれます。

 

ホンダが独自に開発をした「ホンダ センシング」は、安全性能総合評価で最高ランクを獲得するほどの機能です。


万が一の時のために衝突回避支援システムがあると、毎日のドライブも安心してできますね。

 

 

ホンダセンシング付きのGと付いていないGとでは新車購入時に11万円の差があります。

 

しかし、ホンダセンシングが付いていることにより、取り返しのつかない事故を未然に防げる可能性が高まりますから、11万円を安いと取るか高いと取るかは・・・あなた次第です!

 

 

ヴェゼルのスポーツ/エアロパーツが付いたグレードは?

 

ヴェゼルRS

 

ヴェゼルには、RS というスポーツタイプのグレードが用意されています。


RS専用のエアロパーツや18インチアルミホイールなどを装着することで、外観がよりスポーティーになっています。


またRS専用ダンパーを設定し、より車体の安定性を高めたモデルになっています。

 

さらにヴェゼルには様々なエアロパーつが準備されています。

 

ヴェゼルプレミアムエアロスタイル&タフSUVスタイル

 

ホンダ純正パーツとして、「プレミアムエアロスタイル」「タフSUVスタイル」異なる2つのスタイルが用意されています。


また、車内イルミネーションも充実していて、インテリアなどをLEDで輝かせ個性を引き立たせてくれます。


お得なパッケージも用意されているので、自分だけのオリジナルヴェゼルを作ることができますよ。

 

ホンダディーラーで買える無限のエアロも人気です。

 

無限MUGENヴェゼル

 

無限のエアロはホンダ車ではかなり人気が高いので、売るときのことを考え、フロント+リア+サイドのフルセットで付けておけば、相乗効果でプラス査定幅が多くなります。

 

 

ヴェゼルで一番エコカー減税が多いグレードは?

 

減税額が多いグレードはヴェゼル ハイブリッド Z ホンダセンシング です。

 

下記はハイブリッド Z ホンダセンシングのエコカー減税の試算になります。

 

  基本税額 エコカー減税 適用後税額
取得税 69,200円 60%軽減 27,600円
重量税 22,500円 75%軽減 5,600円
合計 ①91,700 ②33,200円

 

①-②=58,500の減税に加え、自動車税免税:17,500円も入るため、合計で76,000円の減税になります。

 

減税額も大きいのでお得感が強いですね。

 

減税と合わせて値引き交渉もしっかりこなすことにより、お得にヴェゼルを購入することができるでしょう。

 

 

ヴェゼルの売れ筋グレードは?

 

ヴェゼルハイブリッドZ HondaSENSING

 

ヴェゼルハイブリッド Z・Honda SENSING 2,710,000円

 

ヴェゼルの一番の売れ筋グレードは、ハイブリッドZホンダセンシングです。

 

ハイブリッドZホンダセンシングはヴェゼルの中で最も上級グレードとなっており、スムースレザーの本革巻きステアリングの搭載など、充実した装備にも定評があります。

 

ガソリン車ならばXホンダセンシングが一番中古車市場での流通量が多いので、買取相場も安定しています。

 

 

ヴェゼル ハイブリッドZホンダセンシングは総額いくらで買える?

 

売れ筋グレードのヴェゼルハイブリッド Zホンダセンシングの支払額をシミュレーションしてみましょう。

 

購入グレード ヴェゼル ハイブリッド Z ホンダセンシング
車両本体価格 2,710,000円
メーカーオプション ---
メーカーオプション価格 ---
装着オプション ドアバイザー、フロアマット、ナビスペ用インターナビ
オプション金額 239,392円
諸費用・税金 164,760円
車両値引き ▲130,000円
オプション値引き(20%) ▲48,000円
支払総額 2,936,152円

 

選択するオプションによって価格は多少変動しますが、基本的なオプションを付けて売れ筋のヴェゼル ハイブリッド Zを購入する際の見積額は約293万円となりました。


上級グレードだけあって必要な機能はほぼ標準装備なため、概ね上記金額とズレはないでしょう。

 

 

ヴェゼルXホンダセンシングは総額いくらで買える?

 

ガソリン車の売れ筋グレードのXホンダセンシングの見積もりシミュレーションを見てみましょう。

 

購入グレード ヴェゼルXホンダセンシング
車両本体価格 2,165,000円
メーカーオプション ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC
メーカーオプション価格 43,200円
装着オプション ドアバイザー、フロアマット、ナビスペ用ベーシックインターナビ
オプション金額 186,667円
諸費用・税金 204,160円
車両値引き ▲130,000円
オプション値引き(20%) ▲37,000円
支払総額 2,432,202円

 

一般的なオプションを追加し、総額約240万円でヴェゼルXホンダセンシングが買えることが分かりました。

 

 

買取相場から見るヴェゼルのおすすめグレードは?

 

高く売れるヴェゼルのおすすめグレードは?

 

ヴェゼルのグレードを選ぶ基準として、リセールバリューが高いグレードを選ぶのも一つの方法です。

 

ここでは、新車から2年経過したヴェゼルの各グレードのリセールバリューから、高く売れるおすすめのグレードを紹介します。

 

 

3年落ちヴェゼルのリセールバリューは?

 

グレード名 買取相場 新車時価格 3年後のリセールバリュー
133万円 193.1万円 68.8%
S 183万円 219.0万円 83.5%
160万円 207.0万円 77.2%
G(4WD) 143万円 214.7万円 66.6%
X(4WD) 162万円 228.6万円 70.8%
ハイブリッド 169万円 226.0万円 74.7%
ハイブリッドX 181万円 242.0万円 74.7%
ハイブリッドZ 202万円 258.0万円 78.2%
ハイブリッドZスタイルエディション 216万円 259.0万円 83.3%
ハイブリッド(4WD) 196万円 247.6万円 79.1%
ハイブリッドX(4WD) 193万円 263.6万円 73.2%
ハイブリッドXスタイルエディション(4WD) 214万円 275.0万円 77.8%
ハイブリッドX・Lパッケージ(4WD) 189万円 274.6万円 68.8%

※中古車オートオークション相場調べ(1年1万キロ平均の走行距離)

 

ヴェゼルの新車から3年落ちのリセールバリューを調べてみました。

 

傾向としては、ガソリン車もハイブリッドもリセールバリューに大きな差はありません。

 

一般的な3年落ちの買取相場は50%~55%と言われているため、ヴェセルは中古車市場で人気が高い=高査定を受けられるクルマと言えるでしょう。

 

ガソリン車の最上級グレード「S」は高い買取金額が付く傾向です。

 

ハイブリッド車の中では特別仕様車のハイブリッドZスタイルエディションが高査定を受けています。

 

 

3年落ちのリセールバリューから見るヴェゼルのおすすめグレードは?

 

一般的な3年落ちの買取相場は50%~55%と言われているため、ヴェゼルは全体的に高い買取相場があると言えるでしょう。

 

その中でも高い買取相場があるのはガソリン車の「S」です。

 

「S」は現行でいうところの「RS」に該当し、スポーツテイストの強いグレードとなっています。

 

ヴェゼルはSUVなのでスポーティーさが際立つグレードに人気が集まる傾向です。

 

ハイブリッド車ならば、「ハイブリッドZ」となります。

 

ハイブリッドZは、インテリアの縫製にもこだわり、本革の質感がよりなめらかなスムースレザーを採用した「本革巻ステアリングホイール」を採用。

 

上級グレードにふさわしく、スポーティーなのに品がある仕上がりが人気です。

 

4WDの買取相場も高値で推移しているものの、市場に出ている台数がFFよりも少ないため相場が読めず、査定額がブレる可能性があります。

 

どうしても4WDが必要な方でなければ、FFを選んだ方が無難でしょう。

 

 

売却時に差が出るヴェゼルのボディカラー選び

 

ヴェゼルの高査定の出るボディカラー

 

ヴェゼルを高値で売りたい方は、ボディカラーはプラチナホワイトパールクリスタルブラックパールを選んでおきましょう。

 

5年以内にヴェゼルを売却する場合、他色と比べて10万円以上プラス査定を受ける傾向があります。

 

ホワイトやブラックなどの乗る人を選ばない無難なカラーは、幅広い年齢層から支持があるため在庫車になるリスクが他色に比べると低く、高査定を受けやすくなっています。

 

リセールバリューを意識してヴェゼルを購入する場合は、上記2色を選んでおくことをおススメします。

 

 

ヴェゼルを安く買うなら下取り車で総額を下げよう

 

ヴェゼルを買うなら、気になるのはその購入金額ではないでしょうか。出来るだけ安く買いたいですよね。

 

もし下取り車があれば、簡単な方法でヴェゼルの総支払額を下げる事ができます。

 

下取り金額の価格帯によっては、ヴェゼルの値引き金額以上に支払額を下げる事ができるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

低く見積もられている??ディーラーの下取り金額

 

ヴェゼルの新車を買う時に、下取り車があれば多くの人はディーラーで査定してもらう事でしょう。

 

ここで気を付けたいのは、ディーラーは下取り金額を低く見積もっている事です。

 

なぜディーラーの下取り金額が低い原因は、ディーラーは既定の査定ブックに載っているベースの金額から、車両の状態を加減点方式で査定して、金額を出します。

 

この業界の査定ブックは、リアルタイムの中古車市場の相場を反映していません。

 

なので、人気の車種や需要のある車種、輸出相場で現在高い相場の車種、アフターパーツでドレスアップしている車、などは正しく評価されません。

 

また、あえて低く見積もることで下取り金額の余裕を作り、「下取り額をアップするので契約してください」と新車契約のためのセールストークに使うことが出来ます。

 

 

ディーラーの下取り金額はアップ出来る

 

低く見積もられているディーラーの下取り金額を通常の相場までアップさせる事が出来ます。管理人の実体験で紹介しましょう。

 

以前、フィットシャトルを買い替えるため、ディーラーで査定してもらいました。

 

その時の下取り金額は76万円でした。

 

ディーラーの査定額は低く見積もられている可能性があるので、ディーラー以外に買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトで申し込むと、画面上に自分の車の買取相場が表示されます。

 

 

査定

 

そこで出た買取相場は、ディーラーより20万円も高い96万円でした。

 

やっぱり低く見積もられている??と思い、その後の商談で「買取店の相場は96万円です」と伝えると、色々店長の許可を取ったのか「上の許可が出たので買取店と同じ96万円にさせていただきます」と、ディーラーの下取り金額も96万円に値上がりましたした!

 

ここでした事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

 

これで20万円も下取り金額がアップしたので、ディーラーが下取りで余裕を見ているケースでは、非常に有効な方法です。

 

 

買取店の方がディーラーより高い場合も多い

 

下取りの20万円アップに加えて、新車の値引きもまずまずの結果だったので、そのまま契約しました。

 

ただ、査定サイトで申し込んだ買取店の査定があったので、「納車前に買取店に査定してもらうので、買取店の方が高ければ下取りに出さない場合もある」と伝えて了解してもらいました。

 

もちろん、ディーラーの方が高ければ96万円でそのまま下取りに出す条件です。

 

こうしておけば、どちらか高い方にフィットシャトルが売れますし、納車までシャトルに乗り続ける事ができます。

 

そして、納車間際に買取店に査定してもらうと、ビックリの108万が付きました。

 

その時の契約書です。

 

 

 

当初の下取り金額から20万アップの96万円のディーラー査定よりも、さらに12万円高い金額で買取店へ売れました。

 

もし買取店の査定を検討していなければ、当初の76万円そこそこで契約していたかもしれません。ざっと32万円の損失でした。怖いですね・・・

 

この時利用した買取店の査定サイトはかんたん車査定ガイドです。

 

1分程度の入力で申し込み後、画面上に自分の車の買取相場が表示されるので、「早く車の相場が知りたい」「ディーラーの査定金額と比較したい」方にはお勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

 

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

 

そんな時は新古車や未使用車がおススメです。

 

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

 

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

 

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

 

ガリバーのクルマコネクトなら、市場に出回る前の非公開車両を優先して紹介してくれるので、いち早くお得な中古車の情報を取得できます。

 

また、申し込みは電話不要のチャットのみで完結するので、手の空いたスキマ時間を使ってやり取りするだけで、とても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

 

 

ヴェゼルの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのヴェゼル値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴェゼルを限界値引きで購入しています。

 

今月のヴェゼルの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>ヴェゼル値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2014-2018 ホンダ ヴェゼルを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com