ヴェゼルTOPヴェゼル評価>ヴェゼル4WDの性能

ヴェゼルの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

ヴェゼル4WDの性能は?実燃費&雪道走行性能を徹底評価!

 

ホンダのクロスオーバーモデル「ヴェゼル」は、クーペのスタイリッシュなフォルムとSUVの力強い走行性能、そしてミニバンの快適性を併せ持つ魅力的なモデルです。

 

ガソリン車とハイブリッド車が用意され、それぞれに4WD車が設定されていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを、徹底的に評価します!

 


ヴェゼルの4WDグレードの価格は?

 

ヴェゼル売れ筋グレードにおける2WD車と4WD車の価格差は?

 

当サイトの調査によると、ヴェゼルの売れ筋4WDグレードはハイブリッド車のの中間グレード「ハイブリッドX・ホンダセンシング」となっています。

 

同一グレードの2WD車との価格差は、21万6,000円です。


装備や足回りなどは4WD車の方が勝っているので、20万円を超える価格差もそれほど割高感はありません。

 


ヴェゼルの4WD車と2WD車との仕様の違いは?

 

〇 ボディスペック

 

スペック
ヴェゼル2WD ヴェゼル 4WD
全高(mm) 1,605
1,605
最低地上高(mm)

185

170
車両重量(kg) 1,280
1,370

 

4WD車は床下にプロペラシャフトがあるため、2WD車と比較すると最低地上高が15mm小さい170mmとなっています。

 

また、車両重量は、ハイブリッドX・ホンダセンシングの場合で4WD車の方が90kg重くなっています。

 


〇 パワートレイン&メカニズム

 

CVTの後退減速比は、2WD車の5.588に対し4WD車は2.533と遥かに小さく設定されています。

 

また、リア・サスペンションは2WD車が一般的な車軸式で、ロールを抑えるスタビライザーを持たないのに対し、4WD車は車軸式の中でもバネ下重量の軽いド・ディオン式を採用すると共に、スタビライザーが付くという違いがあります。

 


〇 ヴェゼル4WDの装備

 

ヴぇっゼル4WDの専用装備(シートヒーター)
ヴェゼル:honda.co.jp

 

4WD車のみに、運転席・助手席シートヒーターや雨天時や寒冷期の視界を確保するコンフォートビューパッケージ(親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス+熱線入りフロントウィンドウ)が標準装備されます。

 

一方で、2WD車に備わるシャシー剛性を高めるパフォーマンスロッドや、ボディ底面の凹凸を減らして空気抵抗を軽減するフラットアンダーカバーは、4WD車には付きません。

 


ライバル車の4WDとの価格差は?

 

〇 ヴェゼルの最大のライバルは?

 

最大のライバルには、ヴェゼル同様スタイリング重視のクロスオーバーモデルである「トヨタ・C-HR」があげられます。

 

ヴェゼルのライバル車C-HR

 

ヴェゼルのハイブリッドX・ホンダセンシングと競合するグレードには、1.2Lターボエンジン搭載の上級グレード「G-T」が該当するでしょう。

 

価格はヴェゼルの275万5,000円に対し、2万円ほど高い277万5,600円となっています。

 


〇 仕様・装備の違いは?

 

パワートレインのスペックは、ヴェゼルに搭載されるハイブリッドシステムがシステム最高出力152psを発揮するのに対し、C-HRに搭載される1.2Lターボエンジンの最高出力は116psと大きく劣ります。

 

スペック
ヴェゼル 4WD

C-HR 4WD

システム最高出力(ps) 152
116
モーター 29.5 --
最大トルク(kgm)

15.9

18.9
モーター 16.3 --
最低地上高(mm) 170 155
車両重量(kg) 1,370
1,470

 

さらに車両重量もヴェゼルの方が100kgも軽いので、動力性能面ではヴェゼルの圧勝でしょう。

 

また、最低地上高もヴェゼルの方が15mm大きいので、雪道では有利です。

 

そして装備面においても、C-HRはヴェゼルに備わるシートヒーターやLEDヘッドランプ、コンフォートビューパッケージ相当の装備が付かないなど、ヴェゼルの優位は明かです。

 

従って、総合的なコストパフォーマンスはヴェゼルの勝ちです。

 


ヴェゼル・4WD車の実燃費は?

 

カタログ燃費と実燃費の差は?

 

ヴェゼルのハイブリッドX・ホンダセンシング4WD車の燃費は、カタログ値(JC08モード)が23.2km/Lであるのに対し、実燃費は当サイトの調査によると15.6km/Lとなっています。

 

達成率は67.2%で、ハイブリッド車の常でカタログ燃費との乖離は大きい方です。

 


2WD車との実燃費の差は?

 

当サイトの調査によるハイブリッドX・ホンダセンシング2WD車の実燃費は、17.3km/Lです。

 

4WD車は1.7km/L劣る結果になりますが、カタログ燃費では2.8km/L劣るので妥当なところでしょう。

 


ライバル車との実燃費の差は?

 

当サイトの調査によるとC-HRのG-Tの実燃費は11.6km/Lなので、ヴェゼルの方が4km/Lも優れています。

 

片やハイブリッド車、片やガソリンターボ車なので、この程度の差が付くのは当然の結果と言えます。

 


ヴェゼル・4WD車の雪道の走行性能は?

 

ヴェゼルの4WDはどんなシステム?

 

〇 ヴェゼル4WDの概要

 

ヴェゼル4WDのイメージ画像

 

ヴェゼルに採用されている4WDシステムは、小型モーターとポンプ、および電子制御クラッチを組み合わせた「リアルタイム4WD」と呼ばれる電子制御式です。

 

アクティブオンデマンド型の一種ながらホンダ独自のシステムで、小型軽量なことが大きな特徴です。

 


〇 ヴェゼル4WDの制御

 

通常は前輪駆動で走行しながらも、常に各種センサーからの信号を4WDコンピューターで演算処理し、路面状況の変化に備えています。

 

そして、前輪が空転しそうになると瞬時に電子制御クラッチを締結し、キメ細かい前後トルク配分を行います。

 

また、コーナリング中に加速をした場合は、前後トルク配分を最適化して安定性や旋回性を高める制御を行います。

 


ヴェゼルの雪道での実際の走行性能は?

 

〇 ヴェゼル4WDの発進・加速時

 

滑り易い雪道においても、スムーズで安定した発進・加速が行えます。

 

「フィット」4WD車などのビスカスカップリング式4WDシステム搭載車が、前輪のスリップを検知してからはじめて後輪にトルク配分するため唐突感が拭えないのに対し、ヴェゼルはより自然なフィーリングを実現しています。

 


〇 登坂時

 

雪道の上り坂においては、センサーがアクセル開度や坂の傾斜を検知して前後輪に最適なトルク配分を行うため、ホイールスピンすることなく登って行けます。

 

ヴェゼル・2WD車が、前輪のホイールスピンによりスタックしてしまう可能性があるのと比較すると、安心感が全く違います。

 


〇 通常走行時

 

ヴェゼル4WDの雪道での走行性能は?

 

雪道の轍(わだち)を乗り越えるようなシーンでも、車両の安定性は損なわれないので、2WD車よりも安心して走行できます。

 

更に、深雪もそれほど苦にせず、雪をかき分けながら力強く進んで行くことが出来ます。

 

また、コーナリング時もアンダーステアが軽い上コントローラブルで、誰もが乗り易いセッティングになっています。

 


ヴェゼル・4WDのまとめ

 

ヴェゼルは都会派のクロスオーバーモデルで、本格派のSUVではないものの、4WD車の雪道での走行性能はかなり優れています。

 

スタッドレスタイヤさえ履いていれば、ほとんどの情況で安定した走行が可能ですし、ドライバビリティも自然です。

 

一方、燃費性能に関しても4WD車としては優秀な方で、ヴェゼル・2WD車との差も小さいので、ガソリン代を気にせず乗ることが出来ます。

 

そして、雪上性能や燃費性能のみならず車としての完成度が高いので、スタイリングに一目ぼれして購入しても後悔しないでしょう。

 

 

ヴェゼルを安く買うなら下取り車で総額を下げよう

 

 オプションを検討してヴェゼルを買うなら、次に気になるのは購入金額ではないでしょうか。

 

 もし下取り車があれば、簡単な方法でヴェゼルの総支払額を下げる事ができます。

 

 下取り金額の価格帯によっては、ヴェゼルの値引き金額以上に支払額を下げる事ができるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

低く見積もられている??ディーラーの下取り金額

 

 ヴェゼルの新車を買う時に、下取り車があれば多くの人はディーラーで査定してもらう事でしょう。

 

 ここで気を付けたいのは、ディーラーは下取り金額を低く見積もっている事です。

 

 なぜディーラーの下取り金額が低い原因は、ディーラーは既定の査定ブックに載っているベースの金額から、車両の状態を加減点方式で査定して、金額を出します。

 

 この業界の査定ブックは、リアルタイムの中古車市場の相場を反映していません。

 

 なので、人気の車種や需要のある車種、輸出相場で現在高い相場の車種、アフターパーツでドレスアップしている車、などは正しく評価されません。

 

 また、あえて低く見積もることで下取り金額の余裕を作り、「下取り額をアップするので契約してください」と新車契約のためのセールストークに使うことが出来ます。

 

 

ディーラーの下取り金額はアップ出来る

 

 低く見積もられているディーラーの下取り金額を通常の相場までアップさせる事が出来ます。管理人の実体験で紹介しましょう。

 

 以前、フィットシャトルを買い替えるため、ディーラーで査定してもらいました。

 

 その時の下取り金額は76万円でした。

 

 ディーラーの査定額は低く見積もられている可能性があるので、ディーラー以外に買取店にも査定してもらう事にしました。

 

 買取店の査定サイトで申し込むと、画面上に自分の車の買取相場が表示されます。

 

 

査定

 

 そこで出た買取相場は、ディーラーより20万円も高い96万円でした。

 

 やっぱり低く見積もられている??と思い、その後の商談で「買取店の相場は96万円です」と伝えると、色々店長の許可を取ったのか「上の許可が出たので買取店と同じ96万円にさせていただきます」と、ディーラーの下取り金額も96万円に値上がりましたした!

 

 ここでした事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

 

 これで20万円も下取り金額がアップしたので、ディーラーが下取りで余裕を見ているケースでは、非常に有効な方法です。

 

 

買取店の方がディーラーより高い場合も多い

 

 下取りの20万円アップに加えて、新車の値引きもまずまずの結果だったので、そのまま契約しました。

 

 ただ、査定サイトで申し込んだ買取店の査定があったので、「納車前に買取店に査定してもらうので、買取店の方が高ければ下取りに出さない場合もある」と伝えて了解してもらいました。

 

 もちろん、ディーラーの方が高ければ96万円でそのまま下取りに出す条件です。

 

 こうしておけば、どちらか高い方にフィットシャトルが売れますし、納車までシャトルに乗り続ける事ができます。

 

 そして、納車間際に買取店に査定してもらうと、ビックリの108万が付きました。

 

 その時の契約書です。

 

 

 

 当初の下取り金額から20万アップの96万円のディーラー査定よりも、さらに12万円高い金額で買取店へ売れました。

 

 もし買取店の査定を検討していなければ、当初の76万円そこそこで契約していたかもしれません。ざっと32万円の損失でした。怖いですね・・・

 

 この時利用した買取店の査定サイトはかんたん車査定ガイドです。

 

 1分程度の入力で申し込み後、画面上に自分の車の買取相場が表示されるので、「早く車の相場が知りたい」「ディーラーの査定金額と比較したい」方にはお勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

 

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

 

そんな時は新古車や未使用車がおススメです。

 

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

 

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

 

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

 

ガリバーのクルマコネクトなら、市場に出回る前の非公開車両を優先して紹介してくれるので、いち早くお得な中古車の情報を取得できます。

 

また、申し込みは電話不要のチャットのみで完結するので、手の空いたスキマ時間を使ってやり取りするだけで、とても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

 

 

ヴェゼルの値引き交渉のノウハウはこちら

 

 当サイトのヴェゼル値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴェゼルを限界値引きで購入しています。

 

今月のヴェゼルの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>ヴェゼル値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2014-2018 ホンダ ヴェゼルを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com